« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

無事

デモをまとめてMD送り出せます。
聴きながら書いてますが、酒が旨い。
少し前に書いた曲に手を入れてみたんですが。
アレンジの持ちネタは意外に増えてるんだなと安心しつつ、
問題は軸になるメロディを書けるか否かだな、と。

最近歌詞を書いていて一人称に「私(わたし)」という言葉を使い始めたんです。
男女どちらが歌うとか関係なく
何故か「私(わたし)」がしっくりくるのは
ようやく「私(わたし)」という言葉の持つ意味が
理解できるようになったということか。

頑張れジーコジャパン。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

遅ればせながら

ダヴィンチコードを読んでいます。これは面白い。
小学生以下のわたしの読書能力を持ってしても読みやすいし。実にスリリング。
読み終わったら映画行くさ。
あの役どころはまさにトムハンクス(もしくはラッセルクロウだろうか)。

曲も作ってますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

リトルビッグマフとクアアイナ

とりあえず試してみました。
現行USAより粘りがあって音塊感もあって、
見た目のコンクリート感は音も表している感じです。
なかなか味のある単音が弾けそうな感じです。
中古で見かけたら購入したいです。

Ds00164339_thumb






そして最近「KUA'AINA(クアアイナ)」という店のオニオンリングが大好きになり、
そもそもこの店のことは美容師H氏のおすすめで、
「鈴木くんポテトだよポテト、冷めてもうまいから」と
聞いてはいて、でも5年くらいそのネタは放置していて、少し前についに行ってみたら
巨大かつ美味なハンバーガーが1,000円くらいして、アボガドバーガーとか
味・値段ともハンバーガーというカテゴリを越えた位置付けなわけですが、

ただ500円くらいのビールセットというものがあり、
これが生ビール(中)+ポテト+オニオンリングという組み合わせで、
やけにお得感全開で、3点どれも死角無しでこれにはまってしまいましてね。
知らない人は一度是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

氷結1年分

キリンカップの表彰式で、
副賞として一番搾り1年分、氷結1年分、NUDA1年分てな感じで、
人間ぐらいある一番搾りとかのパネルを
スコットランドの選手が渡されているシーンがあって、
子供の頃例えば「賞品はオロナミンC1年分です」とかいうと、
「うわすげぇ1年分だって!」という感じでものすごいものを想像して、
夢膨らませたもんですが、
例えば氷結とかってスーパーで100円くらいで買えるわけで、
1年分というとやはり365日で365本かな、と
そうか実は36500円で叶う夢だったのか、という。
さらに汚れてしまった私は、
テレビで全国に人間大のパネルを渡すという行為で、
その広告費は軽く36500円以上の価値だろうし、、
渡す側の思惑、利益のがでかいんだね、などと考え、
ひとつ夢を無くし。。
でも「(親)1年分だってすごいね!」
「(幼子)でも36500円でしょ」なんて家庭は怖いよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

REC予定確定して

もう後戻り出来ないです。
また曲つくり始めました。まだまだ出来ません。
最近の日記がくどいのでこの辺で。
新譜ちらりと聴いたところジョンフルシャンテのギター、
フィルターの使い方が上手。
大半はあとがけらしいですけれど。
ソロも入魂してて。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

ライブ終わりまして

14日お越し頂いた皆さん有難うございました。
頭から観てくださった他のバンドのお客さんにも感謝を。
「では最後の曲です!」などと勢いつけつつ、
気持ちよく手元のボリュームが0だったのには実にあせりましたけれど。
ああいうここぞでカッコよく決まらない、素人くさい部分、
悲しいかな自分の持ち味なんだなぁと、再認識してしまいましたけれど。
逆に我々のあとの3バンドは実にステージ映えしていて、
実にかっこよくて。羨ましくも、思いの他さほど卑屈にもならず、
今後も自分なりのアイデアとやり方で同じステージに立てるよう
精進していきたい、と決意した夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

あいにくの天気ですが

今日は雨&微妙な寒さの中、
弦を張り替え、
練習に出掛け、弾きそして歌い、MDを確認し、
渡辺さんのライブを観て、
エンジニアの寺田さんとレコーディングの打ち合わせをしました。
明日は頑張ろう。

今日ひとつ気付いたことがあって。
新品のピックを使ったら
結構弱めのピッキングで細かいニュアンスを出すのが難しくて
(何か必要以上に丸い音になってしまって)
ある程度弾いて、ほんの少し削れている方がいい感じだと気付き、
さきほど明日用にピックをあつらえました。
あにぎり型なのでまんべんなくすり減らして。
予備も作らないと。何かって言えば予備ですからね僕の場合は。
でもギターはなかなか良いサブギターを持てません。
何かあった時の代わりが無いとこれこそ不安なんですが、
ただメインのギターというのは弾いて育てていく、
共に歩んでいくというイメージがあって、
今のジャガーに目を懸けながら
新たなジャガーを手にして並行して歩んでいくというのは、
どうにも性に合わないような、、満遍なく愛情は注げないんではないか、、
だから購入にも気後れしてしまうのか。。
いや違う、かっこつけたところで単にオールドは高いから気後れしてるだけだね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

MDウォークマンが戻ってきた

バスに落としてしまったんですよ。
ひどく落ち込んで、2号機購入がよぎりましたが、
無事帰ってきたんです!
あぁありがとう運転手さん、バス会社関係者ならびに届け出てくれたかもしれないそこのあなた。
僕のMDは録音はできませんが、
6バンドのEQがついていたりして(ipodにもあるといいんだけどなぁ)、
mash初期に使っていたジャガーと同じ色で、音も良くて結構いかしてて。
つい半年くらい前に(今も)誰もがMDウォークマンに背を向けてる中
購入して主に練習のMDを聴く、ダビングする為に存在する訳ですが、
これが可愛い訳です。
練習の帰り道にその日の分を必ず聴くようにしてて、
練習後の耳だけに周囲への音量を配慮しながら
「このフレーズはいいな」とか「ここのアレンジはいまいちかな」とか。
で、それをステレオのauxに突っ込んで4名分コピーして、
異常にみすぼらしい封筒に80円切手を貼って4人に送ると、
なんだか少しは自分の中にあるリーダーとしての責任が全う出来た気がして、
気が楽になる訳です。聴いてくれる聴かないはさておき、
あとは皆さんそれぞれよろしく〜って感じで。

普段は60Gipod全開で入れ替えしまくりですが、
MDウォークマンは手放したくないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ソニックユースの新曲を試聴

オフィシャルサイトで2曲聴ける(しかも丸ごと2曲)、
のですが、シンプルでポップな仕上がりでした。
ソニックナースをさらに淡々と走らせているというか、、というか、、

ジムの参加は今回どういうスタンスなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

こまねこ

「ラストデイズ」と「ブロークンフラワーズ」について。

「ラストデイズ」僕は好きです。
エンタテイメント的要素を求めた人にはアレなんでしょうけれど。
妙なお涙を期待した人や、カートコバーンにこだわる人とか。
ガスヴァンサントって観たあとに、
不思議な後味を引きずる感じっつうんですかね。

だから逆にマイケルピットの歌なんか要らなかったと思うんだけど。
あそこはエンタメな感じですかね。
あれで泣いてる人が居たようですが、????
あのままいっていいと思ったけれど。

「ブロークンフラワーズ」はビルマーレイの居るだけでおかしいという、
それだけでばっちりですかね。もちろん音楽もかっこいいし。
何かの記事にあったけど、ああいう音楽はダウンビートっていうんですか?

そして「こまねこ」フライヤーを切り抜いて
ポリコーラスに貼ってみました。
もちろんあのうたをくちずさみながら。
「こまねこ〜」の前の展開が素敵ですよ。
これでライブで何かあっても慌てることないでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

またプリプロしました

2曲ばっかですけれど、キーボードの西村さんに手伝って頂き
また全員でデモ録りしました。良し悪し含め皆輝いてるね。
そろそろ本録音の予定も決めたいです。
渡辺さん、メールしている寺田さんのスケジュールはどんな感じでしょうか?
早めに確認取れると嬉しいです。
でももう1曲作りたいんだよなぁ。本録音までの間になんとか。

5/14のライブですけれど我々の出番は1番目で18:30と早めです。
あまり押すこともなくさっさと始めるつもりですので、
お早めにご来場ください。

しかしせっかくのGWですからね。わたしは明日山に登りますよ。
みなさんもいかした連休を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »