« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

my bloody valentine@フジロックフェスティバル2008

観てきましたマイブラ。
PA前にスタンバイしてその他万難を排して臨みました。
予想していたよりも完成度の高いステージでした。

太ったとか無根拠でいじわるな噂のあったビリンダさんはやはり美しく、
その眼差しは妖しく透き通って輝いていました。
ケヴィンは佇まいからすでに科学者オーラを放ち、
泣きそうな顔で素晴らしいメロディをぽつぽつと紡ぎ、
リズム隊の二人は予想以上にかっちり且つ男前に、突っ込んでリズムを構築していました。
コルムのスネアもばっちりです。

二人のギターはジャガー、ジャズマスターの
多分フロント、もしくはセンターミックスのポジションでの、
アームを握りながらのシャリっとしたコードストローク中心でしたが、
バックトラックがきっちり詰めてあって、
CDの世界は十分再現されていたと思いました。
ビリンダさんがメインで使っていた赤いギターは、
ピックアップはムスタングっぽいんですが全体的にはジャガーっぽいギターで、
何度もスクリーンを凝らしましたが、微妙に把握できませんでした。
アンプはケヴィンがマーシャルキャビ3台、ハイワットキャビ2台、VOX2台、
マッチレス1台、新しめのどこかのアンプ1台でどのヘッドがどうなってるのか、
とにかく楽器屋のアンプコーナー状態、1曲だけ多分リバースリバーブ使っていたと思います。
ビリンダさんはVOXとマーシャルの2台だったと思います。

ボーカルは何らしか処理されてそうでしたが、すごく引っ込んでいました。
が、二人とも綺麗に歌っていました。

ライブは代表曲を中心におそらく1時間強過ぎたところで、
you made me realiseが始まり、
後半20分間近くの轟音パートが展開されました。
轟音と言葉にするとそれこそグオーンとかグワーンとか、
自分の中ではいわゆる横の動き、もしくは前後のイメージなのですが、
マイブラの場合は上から下への縦の動き、流れ、
シャワーというか豪雨という感じで、その降水量をケヴィンが歪み系やフィルター系で
微妙にコントールしていたイメージでした。
最後本編に戻る直前のその一瞬の水流たるや、量、勢い、物凄いものでした。
大きな滝の元栓を一気に捻った感じでした。

ようやく本家を感じることが出来て僕は本当に幸せでした。
ただケヴィンを観ているとまだまだこれで終わらない未来を感じることもできました。
多分自分の中のハードルが物凄く高いんだと思いますが、
いつか新譜を出してまたその姿を見せて欲しいと思います。

|

2008年7月14日 (月)

それにしても暑いですね

暑いですねぇ。
扇風機買ってしまいました。
あの、多分十何年か振りで寝転がって扇風機にあたるという行為に及んでみましたが、
やっぱいいですなぁ。落ち着くねぇ。
ベイビーシャンブルズのライブ盤いいですね。

mashは8月から録音始めます。
いろいろ準備進めています。
今回はあえて自分の得意な方向に思い切って絞り込んでいるので、
是非楽しみにしていてください。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »